金運を引き寄せる!宝くじ高額当選者の共通点

インカ帝国エルドラド

大航海時代の1510年頃、、パナマから南部の南アメリカ・アンデス地方の奥地に「黄金郷」があるとの情報を聞きつけたスペイン人のトレジャーハンターたちがいました。

 

 

スペイン語で「黄金の人」を意味する「エルドラド」と名付けられた伝説の黄金郷を探索するため、1522年にパナマ騎兵隊長でスペイン人のアンダゴヤが船でエルドラドへ向けて航海を開始し、ビル―川と呼ばれる河川の近郊でエルドラドと関わるインディオと知り合ったと言われています。

 

 

 

しかし、この時は黄金郷に眠る財宝を発見することはできず、その後フランシスコ・ピサロ率いるスペイン軍がさらなる奥地へ入り、13世紀〜16世紀に南米大陸を支配していたと言われるインカ帝国に行き着くことに成功しました。

 

 

そして、ピサロはインカ帝国の皇帝・アタワルパを捕らえて処刑し、代わりに莫大な黄金や財宝を手にしたそうです。

 

 

このような恐ろしい事件があってから、スペイン軍の財宝略奪と外部からの侵略を警戒したインカ帝国は、その後黄金の財宝をジャングルの奥地に隠してしまったのだとか...。

 

 

 

その後、1801年に冒険家のアレクサンダー・フォン・フンボルトによってアンデス地方とアマゾンの調査が行われ、エルドラドが実在しないことが証明されて地図上から「黄金郷」が消し去られたのです。

 

 

実際エルドラドと呼ばれていたグアタビータ湖を中心とする地域では、昔から金山採掘や装飾文化が発展していたようですが、土地の首長が全身に金粉を塗り儀式を行う風習があったり、金製品の文化が根付いていたというだけで、莫大な財宝が眠る黄金郷という話は架空の伝説にすぎなかったのかもしれません。

 

 

ちなみに現在、グアタビータ湖では、周辺地区の黄金探索が国によって禁止されているようですが、こちらは観光客が多くなったことによる環境悪化が原因と言われています。

 

 

 

ネットトレジャーハンティングゲームで財宝を引き当てろ!

 

最近、「日本にカジノリゾート施設ができるかもしれない...」といったカジノ関連ニュースが多く出回っている印象がありますが、この流れを受けて何かと話題になっているのが、海外のトレジャーハンティングゲーム「オンラインカジノ」です。

 

 

なぜオンラインカジノは、世界中で良くも悪くも注目されてきているのか...!?

 

 

その答えを解くカギは、「インターネット」「スマートフォン・タブレット」「高い信頼・安全性」「大当たりの出やすさ」の4点にあるようです!

 

 

 

当サイト管理人と副管理人が自腹で時間を削って調査を重ねた、海外で主流のトレジャーハンティングゲームオンラインカジノの検証情報を大公開!

 

 

いつ見るの...!?「今でしょ!!!

 

 

★オンラインカジノを選ぶべき8つの理由とは?

詳細はコチラ ≫

※ 別サイトへ移動します


 
トップページ ファッションで金運アップ 風水で金運アップ 神社で金運アップ タロットで金運アップ 相互リンク募集中