海外宝くじロトニュース2014年度記事一覧

12月27日(土)−NEWSポストセブン海外でも、宝くじは人気がある娯楽のひとつ。宝くじで運試しをする人は、日本以外の国にもたくさんいらっしゃいます。そのなかでも中国はとても宝くじ熱が高く、たくさんの人が購入されているそう。中国の宝くじは「彩票」という名前です。国内で公然とギャンブルに打ち込むことが難しくなってきた中国では、宝くじを購入する人が増加しているという噂もあります。ですが、その一方で宝く...

9月15日(月)−みんなの経済新聞ネットワーク香港ジョッキークラブが運営する宝くじ「マークシックス」(六合彩)の1等賞金額が過去最高額の1憶5,000万香港ドル(約20億円)となり、13日100ヶ所近くある香港各地の店舗で宝くじ購入客の長蛇の列が作られた。宝くじ購入には、香港住民のほかにも出稼ぎで来ている東南アジア人や海外観光客らも参列し、販売終了時刻まで多くの人々が列に並びにぎわった。そして、宝...

6月1日(日)−読売新聞6月13日より開幕するブラジルサッカーワールドカップを前に、海外で主流のサッカーくじ「ブックメーカー」の配当倍率が出そろった。それによると、優勝候補の本命は開催国のブラジルで、サムライブルー日本代表にいたっては配当倍率80〜150倍もの大穴という結果になっている。またイギリス最大手の「ウィリアムヒル」では、優勝候補4強国の倍率がブラジル(4・0倍)、アルゼンチン(5・5倍)...

5月29日(木)−スポニチアネックス刻々と迫っている6月12日開幕のブラジルワールドカップだが、昨日28日サッカー元日本代表DF・松木安太郎氏ら9人が、都内で行われた「ワールドカップtoto発売記念」イベントに出席した。このイベントでは、5月31日から発売されるサッカーくじ「toto」とスポーツ6紙による合同サイト「勝つのはどっちだ!?みんなのワールドカップ予想」のPRに加え、イベント出席者による...

5月10日(土)−サンパウロ新聞2014年ワールドカップサッカー、2016年リオデジャネイロオリンピックと世界的イベントの開催地として注目を浴びるブラジルだが、ブラジル下院議会特別委員会は7日、オリンピックスポーツ強化プログラムに関する審議を行い、国内におけるスポーツくじを解禁することを決定した。これにより当協会と関係のあるスポーツ活動においてオンライン宝くじを設立することが可能になり、連邦貯蓄銀...

3月9日(日)−CNN.co.jp75歳の女性がアメリカで発売されている運勢占いおみくじ入りのお菓子「フォーチュン・クッキー」に書かれていた番号で「パワーボール」宝くじを購入したところ、見事200万ドル(約2億円)もの大当りを引き当てた。高額当選を的中させたのはニューヨーク市ブロンクス地区に住む「エマ・デュボル」さん。当せん金の支払いは「一括払い」と「分割払い」の両方を選択できるが、彼女は迷わず「...

2013年12月1日(月)−読売新聞日本で初めて海外サッカーリーグまでベット対象を広げた第664回totoBIGにて、1等賞金6億円が1口出ました。これにより、totoBIGの1等当選回数は通算127回目、合計222口目となりました。今回は、先日開催されたイングランド・プレミアリーグやドイツのブンデスリーガなど総計14試合が対象。2014年2月2日(日)−スポニチアネックスサッカーくじを運営する日...

TOPへ