金運を上げる!宝くじ高額当選者の共通点

宝くじ億万長者の近道は愛知県名神高速の「おちょぼさん」参拝

10月7日−女性自身

 

おちょぼさん」の名前で親しまれる岐阜県海津市にある「千代保稲荷神社」。商売繁盛をつかさどる神様を祭っており、年間じつに200万人もの参拝客が訪れるそうです。

 

 

神社の最寄りとなるICは名神高速・岐阜羽島ICと大垣ICで、養老サービスエリアを西側にして、名神高速から名古屋高速6号清須線でJR名古屋駅前まで通じるこのエリアでは、2年間で宝くじ売り場8店で総額47億円の大当たりが出ているのです!

 

 

 

実例としては、去年の年末ジャンボ宝くじで発売前に「千代保稲荷神社」へ祈願に行き、参道で金の招き猫を購入した方が2等の1億円に当せんしたり、スクラッチカード5枚を購入しその場で削ったカップルが1,000万円を当てたりなどの結果が出ています。

 

 

 

また、神社から車で数分の場所にある「輪之内イオンチャンスセンター」や「瑞穂プラント6CC」でも億万長者が出たり、「宝くじの店平川バロー羽島インター店」にいたっては2012年度、2013年度連続でドリームジャンボ宝くじで1等1億円が出現、一宮市にある「ヤマホウピアゴ大和店」では2011年に3億円、「CCイオンモール木曽川店」では今年のドリームジャンボで1億円、「栄エンゼルチャンスセンター」では今年のサマージャンボ宝くじでなんと5億円が出ています。

 

 

 

そして、すべての当選で共通していることが、宝くじ購入前に「千代保稲荷神社」へ参拝していること!!

 

 

これはもう、宝くじユーザーにとっては参拝に行かない理由なんてないでしょう。

 

 

 

いつ行くの??・・・・・今でしょ!!

 

 

★全国の金運神社

詳細はコチラ ≫

 

 

* 参考文献:女性自身


 
トップページ ドレスで金運UP 風水で金運UP 神社で金運UP タロットで金運UP お問い合わせ