金運を引き寄せる!宝くじ高額当選者の共通点

ホープダイヤモンド

アメリカのスミソニアン教会が所有し、フランス国立自然史博物館に厳重保管されている45.52カラットのブルー・ダイヤモンド。

 

 

紫外線を当てると、赤い光を発して1分以上も光り続ける珍しい宝石として注目されていますが、現実的にダイヤモンドがそのような性質を持つことはなく、通常のダイヤモンドには含まれてないホウ素が多く含まれていることから、何かしらの高度技術によって改良された可能性があることなどがささやかれ、今も謎多き物質の1つとされています。

 

 

また、過去にホープダイヤモンドの持ち主となった者が、次々と原因不明の病や事故で亡くなっており、「呪いの宝石」としても知られています。

 

 

 

ホープダイヤモンドは9世紀ころ、インド南部のデカン高原にあるコーラルという町を流れる川で農夫により発見され、とあるヒンドゥー教寺院で奉納されたと言われていますが、その後何者かにより盗まれて行方が分からなくなり、数年後にフランス国王ルイ14世の手に渡ったそうです。

 

 

その後、ルイ15世、ルイ16世の王妃・マリーアントワネット、ヘンリー・フィリップ・ホープと次々と持ち主を代わっていきましたが、超富豪であったルイ王族はフランス革命で滅び、さらに裕福だったフランシス・ホープ家も破産したことで、その後はロンドンの宝石商、アメリカのダイヤモンド商、パリの宝石商などの手にわたり、最終的にニューヨークのダイヤモンド商ハリー・ウィンストン(高級ブランド・ハリーウィンストンの創設者)が保有することになりました。

 

 

そして1958年11月7日、ハリー・ウィンストンがスミソニアン協会にホープダイヤを寄贈されたことで、長きにわたるダイヤモンドの所有者移動は終焉を迎えます。

 

 

 

なお、ホープダイヤモンドの呪いの話は、1909年にロンドン・タイムズの6月25日号において、パリの通信員が「悲惨な最期を遂げた」とする架空の所有者を多数含んだ記事を寄せたのが最初であると言われており、その後もフランシス・ホープの妻だったメイ・ヨーやアメリカ社交界の名士エヴェリン・ウォルシュ・マクリーンなど歴代ダイヤの持ち主によって、ホープダイヤモンドにまつわるストーリーが脚色されていき今日に至っていると言われています。

 

 

そのため、ホープダイヤモンドは歴史的に非常に価値が高いダイヤモンドと言っても、けっして「呪いの宝石」ではないという見解が一般的です。

 

 

 

ネットトレジャーハンティングゲームで財宝を引き当てろ!

 

最近、「日本にカジノリゾート施設ができるかもしれない...」といったカジノ関連ニュースが多く出回っている印象がありますが、この流れを受けて何かと話題になっているのが、海外のトレジャーハンティングゲーム「オンラインカジノ」です。

 

 

なぜオンラインカジノは、世界中で良くも悪くも注目されてきているのか...!?

 

 

その答えを解くカギは、「インターネット」「スマートフォン・タブレット」「高い信頼・安全性」「大当たりの出やすさ」の4点にあるようです!

 

 

 

当サイト管理人と副管理人が自腹で時間を削って調査を重ねた、海外で主流のトレジャーハンティングゲームオンラインカジノの検証情報を大公開!

 

 

いつ見るの...!?「今でしょ!!!

 

 

★オンラインカジノを選ぶべき8つの理由とは?

詳細はコチラ ≫

※ 別サイトへ移動します


 
トップページ ドレスで金運UP 風水で金運UP 神社で金運UP タロットで金運UP 相互リンク募集中