金運を上げる!宝くじ高額当選者の共通点

英国王室コーイヌールのダイヤモンド(インド)

ペルシア語で「光の山」を意味するコイヌール(Kohinoor)は、インドのアーンドラ・プラデーシュ州にあるビジャープル鉱山で掘削作業中に発見されたと言われる世界最大級の巨大ダイヤモンドで、大きさはじつに約105カラット(21.6g)もあり、ムガル帝国のシャー・ジャハーン、アフシャール朝のナーディル・シャー、ドゥッラーニー朝アフガニスタンのアフマド・シャー・アブダーリー、パンジャーブのマハーラージャなど、これまで様々な国の王侯貴族らの手を渡り歩き、1849年以降はインド女帝となったイギリスのヴィクトリア女王を最初に、現在まで英王室の王冠を飾るジュエリーとしてロンドン塔に所蔵されています。

 

 

 

コイヌール(Kohinoor)が造られたのはいつの時代か未だ判明されていませんが、ダイヤモンドの産出国はインドが有力視されており、伝説では太陽神スリヤと人間の間に生まれた男の子の額に付いていた宝石とも言われています。

 

 

また、1851年に開催されたロンドン万国博覧会の終了後にダイヤモンドの再カットが行われ、現在のまばゆい輝きを放つブリリアントカットに姿を変えた歴史を経てきました。

 

 

 

しかし、英王室に所蔵された王冠に飾られているこの巨大ダイヤモンドジュエリーに対し、数十年前からインドへ返還する声が挙げられており、2016年にはインドのNGO団体が返還を求める訴訟を起こしたことで話題になりました。

 

 

返還理由としては、原産がインドであることなどが挙げられていましたが、現在では、古の所有者からパンジャブのマハラジャに渡ったコイヌール(Kohinoor)が、実際には英国に贈与された歴史があったと考えられているようです。

 

 

 

ネットトレジャーハンティングゲームで財宝を引き当てろ!

 

最近、「日本にカジノリゾート施設ができるかもしれない...」といったカジノ関連ニュースが多く出回っている印象がありますが、この流れを受けて何かと話題になっているのが、海外のトレジャーハンティングゲーム「オンラインカジノ」です。

 

 

なぜオンラインカジノは、世界中で良くも悪くも注目されてきているのか...!?

 

 

その答えを解くカギは、「インターネット」「スマートフォン・タブレット」「高い信頼・安全性」「大当たりの出やすさ」の4点にあるようです!

 

 

 

当サイト管理人と副管理人が自腹で時間を削って調査を重ねた、海外で主流のトレジャーハンティングゲームオンラインカジノの検証情報を大公開!

 

 

いつ見るの...!?「今でしょ!!!

 

 

★オンラインカジノを選ぶべき8つの理由とは?

詳細はコチラ ≫

※ 別サイトへ移動します


 
トップページ ドレスで金運UP 風水で金運UP 神社で金運UP タロットで金運UP お問い合わせ